住宅ローン借換えシミュレーション(元利均等方式)
  →「借換えシミュレーションの使い方」はこちら
→「住宅ローンの上手な借換えの仕方」はこちら
 現在お借入の住宅ローンを借換えた場合について、支払総額の「総合判定」と「借換えのメリット」を試算いたします。

1、現在のお借入れ条件を入力してください。
  (現在のお借入が複数ある場合は、3件まで入力することができます。)
欄は入力必須項目です。
お借入1 お借入2 お借入3
現在のお借入残高
 毎月の支払額
(元利均等月賦支払)
元金及び利息の合計額を入力してください。
 ボーナス月の増額支払額
ボーナス支払がない場合は、入力不要です。
残りのお借入期間 ヶ月 ヶ月 ヶ月
現在のお借入利率
※「変動金利」タイプの場合、ご入力頂いた金利が期間終了まで変わらないものとして試算します。

2、お借換え後のお借入れ条件を入力してください。
欄は入力必須項目です。
お借換え後のお借入金額
  うちボーナス返済金額 上記お借入れ金額の50%が上限です。
ボーナス支払がない場合は、入力不要です。
お借入期間 ヶ月 現在のお借入れ期間以内に短縮することも可能です。
お借入利率 お得な金利はこちら →クリック

3、上記の条件でよろしければ「試算」ボタンを押してください。
  (最初から入力し直す場合は「取消」ボタンを押して、再入力してください。)


計算結果は下に表示されます。

4、シミュレーションの結果
 上記の条件でお借換えをした場合の「お借換え後の軽減額」の試算結果です。
現在のお借入れ条件
(お借入れが複数ある場合は合算して表示します。)
お借換え後 お借換えのメリット
お借入れ金額
内ボーナスお借入れ金額
毎月のお支払額
ボーナスの月の増額支払額
お借入れ期間 ヶ月 ヶ月
お借入れ利率
1年間のお支払額
お支払総額
お借換え費用の概算
最終的なお支払総額

【総合判定】
※お借換えのメリットのマイナス(−)表示は、お支払額等が軽減されない場合を表します。

5、お借換え費用の概算
  お借換えによる 「新たに負担することになる費用」 を概算します。
収入印紙代 印紙税法の規定によります。
登録免許税(抵当権設定) お借換え後のお借入れ金額に0.4%を乗じて計算しています。
保証料 0円 保証料は、現在のお借入れ分に対する保証料が戻ってくると共に、新たなお借入れに対する保証料を支払うことになります。
ここでは、戻ってくる分と支払う分とを同額と仮定し、0円としています。
但し、保証会社等によって異なる場合等がありますので、ご留意ください。
司法書士報酬 52,500 円 (抵当権設定報酬4万円+抵当権抹消報酬1万円=5万円)×1.05%=52,500円として計算しています。
但し、司法書士又は根抵当権の設定等によって異なる場合等がありますので、ご留意ください。
保証会社事務取扱手数料 31,500 円
ローン事務手数料 0 円 「お得な銀行商品紹介所」では、ローン事務手数料等は一切いただいておりません。
不動産会社等から住宅ローンの紹介を受けた場合には、このローン事務手数料がかかる場合がありますので、ご留意ください。
お借換え費用の概算

■ご注意事項
現時点で、お借換えをした場合に有利であるか不利であるかは、【総合判定】欄で判断ができるようになっています。
ただし、「変動金利」タイプのお借入の場合、通常年2回金利が見直しされますが、本シミュレーションではご入力頂いた金利が期間終了まで変わらないものとして計算しています。
また、本シミュレーションはあくまでも現時点での結果であり、今後の金利情勢はどなたにも分かりません。
「固定金利を選択する場合の固定期間を何年にすればよいのか」や、「変動金利を選択して今後の金利動向を見たらよいのか」 等といった事は、どなたにも分からないのです。
従って、これらの選択はあくまで「皆様方ご自身の責任」でお願い致します。

尚、このシミュレーションの結果に関して、私共は、いかなる人物又は法人等に対しましても、一切の責任は負いかねますので 、ご了承ください。


*☆特許第6196582号☆ ☆商標登録第5749591号☆ ☆商標登録第5201024号☆
著作権は銀行商品コムに帰属します (C) 2007〜 無断転載禁止